ファーストキス

ファーストキスについての情報ブログ、スタートです。フジ系のドラマ【ファーストキス】についてです。フジテレビ系ドラマ「ファーストキス」の情報をご紹介します。新番組ドラマ「ファーストキス」は、2007年7月に放送開始でスタートする新ドラマです。新作ドラマ「ファーストキス」の放送は、月曜午後9時からです。フジ系ドラマ「ファーストキス」の主なキャストは、井上真央さん、伊藤英明さん、平岡祐太さん、酒井若菜さん、蕨野友也さん、劇団ひとりさん、竹中直人さん、夏木マリさん、松雪泰子さん、阿部サダヲさんです。連ドラ「FIRST KISS(ファースト・キス)」の詳しいあらすじ、キャスト、噂、結末、予告、エキストラ募集、ロケ地、撮影場所、イラスト、写真、写真集、動画、画像、壁紙、レポ、視聴率、再放送、最終回、感想、ネタバレ情報、待受、掲示板、プリクラ、無料もの、交換、ポスターやカレンダー、レビュー、批評、評価、主題歌の試聴、歌詞、PV、CMの視聴はYouTube、公式ホームページやオフィシャルウェブサイト、特集サイト、専用サイト、ファンブログなどをチェックしてみてください。特に調べたいことがあれば、Wikipedia(ウィキペディア)でチェックもいかが。ファストキス、ファンストキス、ファーットキス、ファアストキス、キスファーストではなくて、ファーストキス(ふぁーすときす)です。連続ドラマ「ファーストキス」の主題歌、挿入歌、サントラ(サウンドトラック)、CD、DVD、原作、あらすじ、出演者のプロフィール情報はこのブログにも。いっしょに井上真央さんを応援しましょう。毎回楽しみのドラマです!
ファーストキス 井上真央ちゃん

【井上真央】
大人っぽいですね。ファーストキス主演の井上真央ちゃんです。
井上真央・2007
ファースト・キス LINKS
ファースト・キス CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
SEARCH
<< ファーストキス 第一話予告 | main | 第二話予告 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| ファースト・キス | 主演:井上真央 | - | - | - | ※ファストキス、ファンストキス、ファーットキス、ファアストキス、キスファーストではなくて、ファーストキス(ふぁーすときす)です。 |
第一話あらすじ
■第一話あらすじ
妹は悪魔あだった!!

心臓に疾患を持つ美緒(井上真央)は、成功率50%の手術に臨む前に、両親の離婚で離れ離れになった兄・和樹(伊藤英明)に会うために、10年ぶりにロスから帰国する。和樹は、カメラマンを夢見て番場(竹中直人)に弟子入りするも挫折し、現在は、悪友の一流(劇団ひとり)の家に、勝(阿部サダヲ)とともに転がり込んで怠惰な生活を送っていた。
和樹の恋人?はるな(酒井若菜)と口論となった美緒は、発作を起こして病院に運び込まれた。そこで美緒が知り合ったのが新人医師の秋生(平岡祐太)だった。病院に駆けつけた和樹は、担当医の蓮子(松雪泰子)から、美緒の手術のことを聞きショックを受ける。和樹に背負われて病院を後にした美緒は、16年前の祭りの日、和樹にファーストキスを奪われたことを持ち出し、滞在中は何でも言うことを聞いてもらう、と迫った。そのとき美緒が言った「終わらないものがほしいの」という言葉が和樹の胸に突き刺さった。
あくる日、和樹は、番場のスタジオにこっそり入り込み、美緒のグラビア撮影を行う。美緒のリクエストに答えるためだった。が、ひと通り撮影を終えたころ、いきなり番場がやってくる。番場は、必死に頭を下げる和樹を罵った。すると美緒は、そんな番場の度量のなさを非難し、さらに「お兄ちゃんはもっと最低!」と怒鳴る。
 その夜、和樹は、カメラマンになる夢を諦めたことを美緒に告白する。美緒は、何をやっていいのかわからない、という和樹に、甘えるなと言い放った。和樹は、「お前こそ病気を言い訳にするな」と反論すると、美緒がいじけていられないくらいカッコイイ男を見つけて恋愛させてやる、と宣言し…。

******************************************************************************
さっそく展開始まりましたね★
今後も楽しみ!!
| ファースト・キス | 主演:井上真央 | ファーストキスあらすじ | comments(0) | - | ※ファストキス、ファンストキス、ファーットキス、ファアストキス、キスファーストではなくて、ファーストキス(ふぁーすときす)です。 |
スポンサーサイト
| ファースト・キス | 主演:井上真央 | - | - | - | ※ファストキス、ファンストキス、ファーットキス、ファアストキス、キスファーストではなくて、ファーストキス(ふぁーすときす)です。 |